「アートガーデン・コヅカ」カテゴリーアーカイブ

12/22(sat) 第11回森の音楽会 「Tony Guppy(steelpan) & 深井克則(key) 」Christmas Special LIVE

12/22(sat)第11回森の音楽会
「Tony Guppy(steelpan) & 深井克則(key)」
Christmas Special Live

アートガーデン・コヅカの、森の中でひそかに愉しむ音楽会。
第11回目は、12月22日にクリスマススペシャルライブとして開催します。
今回森の中にお招きするのは、Steelpanの名手Tony Guppyさんと、ラテンJAZZピアノの大御所・深井克則さんのお二人です。
ジャズ、ラテン、そしてもちろんクリスマスの楽曲などをお届けする予定です。森の中のクリスマスに奏でる二人の匠の演奏をお聞き逃しなく!

<概要>
●開催日:2018年12月22日(土)
●時間:カフェオープン 17:00(開場)
開演 18:30・終演20:30
●会場:アートガーデン・コヅカ「森の家」
(千葉県鴨川市金束1710)
●MC:前売り2 ,500円(当日2,800円)
(小学生以下半額、2歳以下無料、乳幼児連れ可。授乳室あり)
●予約、問い合わせ
・アートガーデン・コヅカ事務局(担当:きじま)
mail:info@ag-kozuka.net  、tel:090-9375-9421
・天然酵母パン屋「かまどの火」
tel:04-7098-0048

<アーティストプロフィール>


トニー・グッピー(Tony Guppy)

スティールパン発祥の地トリニダード・トバゴ出身のスティールパン奏者(パニスト)、講師、アーティスト、作詞・作曲家。

長年に亘り楽器に携わってきた実績を持つ家系に生まれる。トリニダード・トバゴ開催された権威ある大会「ナショナル・スティールパン・ソロスキル・コンテスト」の優勝者である。
類稀な才能と多彩な音楽性を持ち備えたスティールパン奏者であり、これまでに北中南米(ヒューストン、ラスべガス、ニューヨーク、フロリダ、カリフォルニア、コロンビア、コスタリカやメキシコなど)やカリブ海諸国など、世界各地で活躍している。
グッピーは世界中のトップミュージシャンとの共演を重ねることで、腕に一層の磨きをかけていった。 過去にはグランドマスター・オブ・ソカの異名を持つトリニダード・トバゴの伝説的カリプソ歌手、ロード・キッチナー(本名アルドウィン・ロバーツ)やレン・ブグジー・シャープ(スティールパン奏者)、ポール・ジャクソン(ベーシスト/ヘッドハンターズ)に Char(日本を代表するギタリスト)といった多岐にわたるジャンルの重鎮たちとレコーディング、パフォーマンスを共にした経歴を持つ。

『珍しい民族楽器の存在感にも勝るグッピーの感性こそが、彼の音楽の最大の魅力だ』ーMarcus Miller

『スティールパンの存在は知っていたが、これ程に美しく、表現できる人がいたなんて。それ以来、オレは彼の大ファンの一人だ』ーChar

movie :Char with Guppy “Black Shoes”


深井克則(KATSUNORI FUKAY)

作曲家・アレンジャー・ピアニスト
1960年11月1日 岡山市出身。大阪芸術大学作曲科卒。

在学中から関西を中心に演奏活動。中国短期大学講師(理論)を経て、
’88「高橋達也と東京ユニオン」に参加、国内外の多くのミュージシャンと共演。以後「原信夫と♯&」「猪俣猛3」「ファンキー末吉3」等、様々なセッションに参加。
現在、『BANDA CALIENTE』(9人編成のラテンジャズオーケストラ)と小編成の『深井克則 MUSIC BANK』のリーダーとして、各地でコンサート・ライブに出演。ジャンル/カテゴリーにとらわれず様々な編成のコンサートをプロデュースするため、【ジャズ界の仕掛人】の異名をとる。

一方、作曲家・アレンジャーとしての活動も多岐に渡り、そのクリエイティビティの高さによって、ジャンルを超えた新しいフィールドの音楽を次々と生み出している。
また、ピアノ指導者のネットワークPEN では設立当初から企画運営に携わり全国でセミナーを開催。’97 ’98 には東京音楽大学でも講座を持ち、全国のビッグバンドやブラスバンドでクリニックを行うなど、音楽教育に関わる活動も精力的にこなす。

第10回 森の音楽会 天才ムビラ奏者「ガリカイ・ティリコティ」Japan Tour

人と自然をアートでつなぐ”アートガーデン・コヅカの人気プログラム「森の音楽会」。10/27に10回目となる音楽会を開催します。
第10回目のアーティストは、ジンバブエの天才ムビラ奏者として知られるガリカイ・ティリコティ氏です。

自らの民族に受け継がれてきたムビラという楽器を使い、「音の流星群」と形容される演奏で世界を驚かせてきたガリカイ氏。あのピーター・バラカン氏も絶賛する世界的なアーティストです。
ガリカイ氏によるとムビラとは単なる楽器ではなく、精霊たちとつながる為の道具として演奏されてきたとのこと。縁あってアートガーデン・コヅカに来ていただくことになりましたが、ガリカイ氏の奏でるムビラの音が、この地の精霊と呼応して、私たちにどういうカタチで伝わってくるのか。今から楽しみでなりません。皆様を森の中でお待ちしております。

<ムビラ>とは
アフリカ南部のジンバブエのショナ民族の人々が弾いてきた伝統楽器です。ショナの人たちは、太古の昔から、ムビラを通して、精霊たちとつながり、家族の健康や争いごとのない地域社会を築いてきました。そしてそれは今も受け継がれています。その伝統を今日に伝える第一人者が、ガリカイ・ティリコティ氏です。
ムビラと同じような楽器は古くからアフリカ全土に形・名称を変えて広まっており、日本では親指ピアノとも呼ばれています。中でもジンバブエ、そしてガリカイ氏のムビラは特別なものとして知られています。

ムビラに関する詳しい情報は、今回のJapanTourをオーガナイズするsumiさんのHPをご覧ください
「ムビラ弾こうよ!」http://www.mbira.jeez.jp/

【開催概要】
◉開催日:2018年10月27日(土)
◉時 間:ワークショプ15:00〜16:30、ライブ18:30〜20:00
(会場open:12:00、会場close21:00)
◉会 場:アートガーデン・コヅカ クラブハウス「森の家」
◉所在地:千葉県鴨川市金束1710(Pあり)
◉参加費:ワークショップ 2,500円、ライブ 2500円
(※ワークショップとライブの両方に参加される方 特割4,000円)
※小学生以下はライブ料金1200円となります。
※ワークショップに親子で参加される場合(ムビラ1台)は一人分の参加費で結構です。
◉ワークショップ定員:10名(初心者OK!ムビラ貸出あり500円)
※ワークショップへの参加を希望される方は必ず前日までにご予約ください。
◉予約方法:メール、電話、もしくは天然酵母パン屋「かまどの火」まで
・E-MAIL info@ag-kozuka.net
・TEL 090-9375-9421(担当きじま)
天然酵母パン屋「かまどの火」(アートガーデン・コヅカ内)
TEL  0470-98-0048

カフェは12時から利用可能です。
※当日は「森の家」に宿泊可能です。素泊まり1泊1人3,000円。ガリカイ氏、オーガナイザーのSumiさんも宿泊されます。ステージとは違ったフレンドリーな時間を過ごすには何よりの機会になると思います。よろしければご利用ください。