about us

アートガーデン・コヅカは、生活環境デザイナー・来嶋洋介と美術家・宮下昌也を中心に、「人と自然をアートでつなぐ」というコンセプトを共有する仲間達の力で、里山整備や各種ワークショップをすすめています。

○宮下昌也
 画家、アーティスト、絵本作家
<プロフィール>
1962年東京生まれ。
 記憶では3歳より絵を描き始めて20歳より展覧会で作品発表を始める。 1988年東京芸術大学デザイン科卒業。在学中より背景美術の仕事をしながら、アジアを旅する。
 1990年に房総半島鴨川市の山中に移住。 1992年縄文土器制作を井筒禎治氏に師事。 1999年ライブペインティング活動を始める。
 2008年デザインショップmachiyaと共に、人と自然をアートでつなぐ里山整備プロジェクト「アートガーデン・コヅカ」をスタート。 2010年よりコヅカ・アートフェスティバルを主宰。
 現在、ギャラリーや店舗企画による展覧会での作品発表、ライブペインティング、ワークショップ、壁画制作、ヘンプクローズブランドへのグラフィックの提 供、CDジャケット、グッズの制作など、描くことを媒介として、ジャンルを超えたコミュニケーションを続けている。絵本作品に「いのちくるくる」(至光 社)「なつみかんのきのはなし」「そらいろなにいろ?」(共に鈴木出版)「絵本CD・夢から今へとつなぐ旅」(PAYAKA record)
 ○来嶋洋介((有)デザインショップまちや代表)
 生活環境デザイナー、コミュニティーデザイナー
<プロフィール>
「都市に暮らす人々にとって、本当に必要な生活環境の創造」を目指し、1996年、街をデザインする会社「(有)デザインショップまちや」を設立。
価値観が多様化した現代都市生活において、ハード優先の住環境計画手法の限界を感じ、人々のふるまいや心の動き、そして時間の流れに根拠をおいた住環境計画手法を確立するために、居住者と共に生活環境・コミュニティーのあり方を考える「フレンドリークラブ」を運営。マンションの<街>としての可能性を拡げることに主眼をおいたその活動は、居住者のみならず、アート・クラフト・音楽・建築・食・健康・ネイチャーなどの分野で活躍する多くの専門家の支持を集め、マンションによる街づくりの新しい試みとして注目されている。
1963年、福岡県福岡市出身。

九州芸術工科大学大学院 生活環境デザイン専攻。芸術工学修士。
○宮下広子(天然酵母パン屋かまどの火店主
○梅本浩史(植物学者)
○大島健夫(ネイチャーガイド&朗読家)
○国吉純(園芸家/(有)ジュリエッタガーデン代表)
○久保田薫(アロマセラピスト)
○佐藤良則(大工/アトリエ樹の住まい舎 代表)
○山本守(ニホンミツバチ養蜂家)

(あいうえお順)

1.人と自然をアートでつなぐ 2.アートによる里山整備 3.施設

人と自然をアートでつなぐ